第13回 ウィンターカップ・池田杯 開催要綱

2018(平成30)年度

中学校男女バレーボール大会

第13回 ウィンターカップ・池田杯  開催要綱

1 主  催   NPO法人スポーツマンシップ

 

2 日  時   予選リーグ     平成30年9月~12月

決勝トーナメント  平成31年1月6日(日)

女子・男子の部 開場・準備8時45分~  開会式9時30分~

3 会  場   予選リーグ  各中学校体育館  羽曳野コロセアム(女子)

決勝トーナメント  エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館)

女子の部 午前 第1競技場4面 午後 第1競技場2面 第2競技場2面

男子の部 午前 第2競技場2面 午後 第1競技場2面

4 目  的   ・バレーボールを通して人間教育をする

・自分自身を磨き、自分を愛し他人を思いやれるような人間を育てる

・伝統ある一流の体育館で大会を開催する

5 出場校 ●女子バレーボール部

招待校8校

大阪府大阪市立新北野中学校、岡山県浅口市立鴨方中学校

京都府京都市立春日丘中学校、静岡県富士宮市富士根南中学校

長野県長野市立川中島中学校、奈良県磯城郡田原本町立中学校

兵庫県丹波市立市島中学校、大阪市立此花中学校

 

大阪予選通過校8校 

池田市立渋谷中学校、和泉市立光明台中学校、大阪市立歌島中学校

大阪市立西淀中学校、大阪市立東住吉中学校、大阪市立三国中学校

大阪狭山市立第三中学校、高石市立取石中学校

 

 

●男子バレーボール部

出場校8校

 

大阪狭山市立狭山中学校(大阪)、大阪狭山市立南中学校(大阪)

大阪市立歌島中学校(大阪)、大阪市立西淀中学校(大阪)

大阪市立堀江中学校(大阪)、京都市立樫原中学校(京都)

日高川町組合立大成中学校(和歌山)、PROGRESS倉敷(岡山)

 

6 競技規則

(男女共通) 平成28年度(財)日本バレーボール協会6人制規則による。ただし、本大会

独自のルールを採用する。

・参加選手はユニフォームを着用して、開閉会式および試合に臨む。

・メンバー表とラインアップシートは、各ゲームに提出する。

・ネットの高さは女子2m15cm、男子2m30cmとする。

・試合球は検定カラー4号球で、女子はミカサ、男子はモルテンを使用する。

・3分間の公式練習は各チームの初めの試合のみとする。

・大会当日は、役員審判団とイヤーエンド敗退の生徒に補助役員を

依頼しています。サブアリーナは、相互審判とする。

・決勝トーナメントは男女とも、優勝、準優勝、第3位を表彰する。

 

7 試合形式

(女子)予選リーグ① A~H組3校リーグ戦【役員会での抽選】3セットマッチ デュースあり

【リーグ順位決定の優先順位 ①勝率 ②得失セット数 ③得失点率】

 

イヤーエンドカップ

 

・各予選リーグ勝ち点上位2チームによるトーナメント戦【役員会での抽選】

・1回戦と決勝戦は3セットマッチ

*セットカウント1-1の時は得失点で勝敗を決定。得失点も同じ場合は

2セット目を取った方が勝利とする。

・イヤーエンドカップ優勝校が招待枠に入り、優勝校を除いた上位8校が

決勝トーナメントに進出。

*イヤーエンドカップは終了しています。

 

 

ウインターカップ池田杯

・イヤーエンドカップ終了後に抽選し、組み合わせを決定。抽選の際は、招待校

8校と予選リーグ通過校を別々に抽選します。

・決勝トーナメントは前の試合が終了した直後から5分間、試合が連続する場合は

10分間の合同練習を行う。その後、すみやかに試合を開始する。

 

 

 


Top